現実を変えるエモーションフリー

ご訪問、ありがとうございます。

エモーションフリーのテキストの無償公開が1月に終わって多くの方にダウンロードさせていただきました。本当にありがたいことです。

流れでは、

①ストレスを思い出してもらう・・・【例】威圧感を感じる会社の上司Aさんにイラつく

②過去に他にAさんのような人がいないか検証する。いればパターンの可能性がある

③【例】Aさんの他に父親、中学時代の部活の顧問があげられる

④感情を聞き、各々ストレスを数値化する(MAX10のうち、各々いくつか?)

➄エモーションフリーをする、解放現象がある

⓺数値を再確認する、(MAX10から各々、いくつに変化するか?通常は下がる)

⑦ゼロになるまで何度もエモーションフリーをする。フレーズも変化させていく

この手順を繰り返し、数値が下がってくと、ストレスを思い出してもらっても、以前のようにハッキリとは思い出し辛くなり、映像が遠のき、ストレスを客観的に見れるようになります、そうなればエモーションフリーが効いてるということです。セッション前までは目の前にAさんがいなくても、身体は緊張し、胸がざわざわしていて、感情もイラついていました。セッション後はついさっきまで感じていたストレスを感じなくなってしまうんです。その間、早ければ数秒です。

驚くことに、セッションはただ感情を解放するだけではありません。これが他のセラピーと大きく違うところです。早ければその日のうちに現実が変わり始めます。遅くても1週間以内に何らかの変化が出てきます。大概、Aさんは、翌日から優しくなったり、関りをもたくなったり、挙句の果てに異動が決まったりいなくなったりします。つまり、自分にイラつきを与えていたAさんは、今まで自分の中の思いこみが創っていた幻想だったのです。本当はそんな人は存在していなかった、存在させていたのは、自分だった、自分が必要としていたから存在してるように見せかけていたのだ、という事実なのです。

現実はそもそも幻想、もっと言うなら、自分の存在すら幻想なのかもしれませんね。

次回のエモーションフリー講座は5月7日(月)10:00~17:00

思い込みのフレーズ創りが肝ですが、完全ヒットしないと、なんだかもやっとしたまま終わって、スッキリ解放されません。テキストだけの方はそれでもなんとなく出来ちゃいますが、講座では、テキストに書いてないことも扱うので、真髄を得ることができます。もちろん練習はどんどんすることをお勧めします。場数踏めば、腕もあがりますから!

もちろん目標はセラピーがいらなくなることです。目の前の障害物が無くなれば、まっすぎ歩けます、誰でも。

今日も笑顔あふれる一日を!

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中