ウツは自己肯定感の低下によるアンバランス

ご訪問、ありがとうございます。

久々の更新になってしまいました。先日、NEWS ZEROで婚カツうつが増えているという特集をしていました。思わず見入ってしまいましたが、取材に応じた女性は、婚活がうまくいかず、心身のバランスを崩し、抗うつ剤を服用するようになったということです。

こういうお話を見るにつけ、聞くにつけ、日本の精神療法の質に憂いを覚えざるをえません。要するに、心身のバランスを崩した際、対処療法が薬物治療に限定されることが哀しいのです。本来、これは、「自己肯定感の低下による心身のアンバランス」状態であって、病気ではありません。ましてや薬はどんな薬でも毒の一種ですから、身体に入れなくてもいい毒をわざわざ入れています。薬って、草かんむりなんです。楽にするために草を煎じていた、それが本来の薬の姿です。今の薬はケミカルで出来ています。本当の意味で楽にはなれません。薬草は即効性はないものの、じわじわと効きます。そして副作用があまりありません。

誰にだって自信喪失、自己肯定感の低下、経験ない人なんていません。病気じゃありません。もともと日本の教育は、個人が自信をもつよう、自己を肯定するような教育は受けてないので尚更です。親や周囲から否定されて育ったという人、珍しくありません。出来ることは出来て当たり前、出来ないことをもっと伸ばそう!という方針ですよね。日本人は勤勉だから、それなりに出来てしまう層も厚いんです。だからドロップアウトしてしまうと、軌道修正が難しいのが現実です。

精神科に行ったら、私でもウソついてあれこれ自信がもてなかった過去の話をしたらすぐにお薬を処方されますよね。当然です。かつて住んでいたイギリスのようにカウンセリングは必須、瞑想やヒーリングやアロマなどがうつ病の治療に使われている国とは雲泥の差です。ましてやイギリスは、医療費無料なので、医療の質の低下もあり、医者嫌い、医療不信の人も多く、古くから存在しています。一生涯レントゲンを撮ったことのない人もごろごろいます。その一方で、ドラッグ依存者は日本の比ではないことも付け加えておきます。言い訳するなら、西洋人のからだの作りと日本人では明らかに違うとうことですね。顕著にそれがわかるのは、出産です。多くは、産後一日で退院、妊婦は産後すぐにスタスタ歩き、自宅へ帰っても1週間以内に水事を始めるそうです。日本人女性は昔から産後1ケ月は水仕事しちゃいけないと言われてますが、その通りです。実際、国際結婚でイギリスで出産した友人が、産後2週間で炊事を始めたところ、数日でぶっ倒れて、その後1ケ月ベッドから起き上がれなかったそうです。つまり、日本人は西洋人に比べたらはるかに繊細にできています。ですから薬の蓄積具合、耐性も西洋人と著しく違うことは明白でしょう。

私の使命は、日本に代替療法を根付かせることです。将来的には、選択肢の一つとなることです。今は、一部の人しか選択肢がないこと。薬は4日連続で飲み続けると、完全な排出は無理で、確実に蓄積されていくのだそうです。今はまだあれこれ模索中ですが、志を同じくする人と繋がりたいと思っています。

うつ症状に効く、一番確実で薬を使わない方法でお勧めするのは、エモーションフリーです。自己肯定感の低下は、そもそも、原初(生後直後)に様々なことに傷ついて、ショックを受けて、あきらめて「この世はこういう世界だ」と、設定してしまったことにあります。無数にある「思い込み」がそうです。人は無意識に思い込みに沿って生きていますので、苦しい思い込みを持ってればいるほど、現実が苦しくなります。その上、そんな思い込みを持ってしまったことは忘れておきながら、いざ明るみに出ようとすると、隠蔽しようとするからややこしくなります。人間って複雑ですね。自分なりに対処療法をしているつもりですが、うまくはいっていません。そう簡単に思い込みは外れないからです。

だから本当にこの手法は、すごいなあと思うんですね。悩みの根源に、とっても簡単な方法でアプローチできるんですから。うまく解放できると、あれだけ気になっていたことが気にならなくなり、何かが起こっていても以前のように反応しなくなってしまうんです。からだの反応を変えてしまうんです。そして気が付くとすぅっと忘れていきます。人からの接し方まで変わってしまいます。自分をいじめていると感じていた人が、セラピーを境に突然優しくなってしまうとか、フツーにあります。人はエネルギーを敏感に感じ取って、お互いやり取りしているので、その人が望む通りの扱いをします。もし「私は見下される」という思い込みを持っていたら、それに敏感に反応した人が、必ず見下す言動をします。

「現実は自分が創っている」よく聞きますでしょ?本当にその通りなので、相手を責めても何も解決しないです。かといって、自分を責めても何も解決しません。本来の自分を取り戻すのに、やはり原初の思い込みをなんとかするといいです。根本から変えないと、何でもただの対処療法になるだけです。それでも人は生きてはいけますけど・・・家庭の不安定は社会に投影されるので、昨日までただのフツーの人が、翌日には加害者、被害者になるケースはたくさんありますね。まさかあの人が・・・な事件が現実で起きています。

エモーションフリーのテキストは無償配布しています。どうぞご登録ください。振り子が出来るようになりたい方は、講座でお待ちしています。

6/17(土)13:00~18:30 エモーションフリー講座 川崎市高津区溝の口

他イベント一覧

 

今日も笑顔あふれる一日をお過ごしください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中