臓器が働く時間がある

ご訪問、ありがとうございます。

キネシオロジーを習い始めたとき、各臓器とつながる筋肉があって、その臓器の状態がよくないとつながる筋肉が弱くなるという法則を知りました。また、各臓器には、よく働く時間帯があって、基本、その時間帯は妨げないようによく休ませるのがいいのだということも知りました。

肝臓は1時~3時、肺は3時~5時、大腸は5時~7時、胃は7時~9時、膵臓は9時~11時、心臓は11時~13時、小腸は13時~15時、膀胱は15時~17時、腎臓は17時~19時、心包19時~21時、三焦21時~23時

心包と三焦は現代学的には実態のない臓器ですが、心包は心臓を保護する膜のようなもので、脳や中枢神経と連動して、ホルモンバランスを司ります。三焦は消化・吸収によって、血液やリンパを造り、栄養分と共に全身に巡らせる機能があります。体温調節や熱に関する働きをします。私が健康を損ねあらゆるアレルギーが出たたのは、まさにこの三焦の働きのバランスが崩れたことによります。三焦が働く時間は21時~23時ですが、この時分はじんましんが出たり、両手の皮膚炎が悪化したり、赤身が強くなる時間帯でもあります。私はこの時間はまだ起きてますが、本当は休むべき時間帯です。アレルギーのお子さんが20時ころ寝入った後、この時間が一番かゆくて目を覚ます時間帯なのは疑うべきもありません。

そう考えると、昔は古今東西一日2食だったのも大きくうなずけます。朝の労働の後、一日の最初の食事は11時過ぎ。午後の労働の後、15時に休憩をとって水分を摂り、また労働して2回目の食事は17時~遅くとも19時までに済まし、21時までには床に就く。すると主要な臓器はしっかり休ませられます。

ところが現代は、早寝早起き朝ご飯が推奨されています。もう当たり前になってます。ですが、本来、胃を休ませる時間帯7時~9時の間に朝食を食べているし、もっと早く朝食を食べる人は大腸を休ませる時間帯5時~7時に食べ始め、いきなり排泄をも促すわけで、理にかなっていません。12時に昼食を摂れば、小腸を休ませる時間帯13時~15時にフル活動となり、15時の軽食とお茶でその後膀胱15時~17時、腎臓17時~19時に負担をかけるでしょう。13時~17時までは何も口にしない方がいいのだと思います。そうすれば夜にホルモンが正常に働いて、夜中はグッスリ眠って主要な臓器を休ませることができます。夜中まで飲んで肝臓がやられるのは当然ですね、1時~3時までは肝臓は休ませなくちゃならないのですから。そういえばぜんそくのお子さんの場合、発作は夜中ですね。3時~ひどくなって明け方には治まります。

言ってみれば、普通に現代生活を送るだけで臓器に負担がかかっているということです。まあこれも元をただせば、戦後のGHQが日本人を弱らせる為に仕組んだのでしょうが、中には朝食を摂らない派がけっこうな割合でいます。体の声に従うとそうなるんでしょうね。せめて今何らかの病気の症状が出てる方であれば、一日2食のスタイルをお勧めします。私も今はこれにできるだけ沿っていますが、夕食だけはなかなか19時までに終えるのが難しいですね。また朝食兼昼食は11時まで摂らないのがなかなか大変、おなかすきすぎます。耐えられずに11前に食べてしまうと、調子が悪いです。胃がなんかスッキリしないです。朝食を抜く子はダメだというレッテルが貼られてますが、実は勉強するには朝食を摂らない方がいいんでしょうね。午前中眠くなるのは消化液を分泌する膵臓を9時~11時に休ませる為にそうなるのでしょう。

今日も笑顔あふれる一日をお過ごしください。

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中